This page is intended for users in U.K.. Go to the page for users in United States.
ソフトウェアエンジニア
on 2020-01-08 1,766 views

新卒だからやらせてもらえない環境は本当に嫌だ!と思う21卒エンジニア募集

Wantedly, Inc.

Wantedly, Inc. members View more

  • Wantedly Visit の大規模リニューアルを担当するチームで backend エンジニアとして働いている新卒1年目です。最近は企業側の募集作成リニューアルに合わせて募集ドメインのマイクロサービス化を行いました。

    技術的には Rails, Ruby gRPC, Node を使っています。

    自分の中でのホットなテーマは モノリス Rails からのマイクロサービス化で、試行錯誤しながら best practice を探しています。

  • 高校時代にモバイルアプリ開発経験を通して UI / UX に興味をもつ.大学は Human Computer Interaction を専門とする学科へ自己推薦入試で進学.インタラクションデザインの研究室で料理に関する研究をしている.

    とにかく「面白そうなもの」を作って大会等でアウトプットし,自らの作品を広く様々な人に触ってもらう中で ”いままでにない ちょっと幸せになる体験” をつくりたいと考えるようになる.

    趣味はボードゲームとお菓子づくり.休日にはボドゲカフェに行ったり都内のボドゲ会に参加したりしている.

  • Wantedly Visitでグロースを担当しています。

    大学在学中にFiNCにインターンとしてジョインし、Ruby on Railsを書いてアプリのサーバーサイドの開発をしていました。
    その後、2019年にWantedly, Inc. に新卒入社し、グロースチームのメンバーとして、データ分析から、施策提案、実装、改善までを行なっています。

    多くの人に使ってもらえるプロダクトを作ることに興味があります。

  • 大学入学時に履修科目・単位を管理する学内向けサービスのサークル内開発プロジェクトにインフラ担当として未経験ながら飛び入りで参加しサーバ構築・運用の基本を学ぶ。サービスを運用しながら勉強を続ける中で「Infrastructure as a code」という考え方に興味を持ち、ShellScriptに始まりRuby、GoといったWebサービスのバックエンドに関する開発も行う 。現在はデータマイニングや情報推薦を専門とする研究室に所属し、サーバ運用時の情報推薦に関する研究を行っている。

As a new team member

新卒1年目から多くの成功と失敗を積み重ねていける環境だと、2年目になった時に非線形的な成長をしたなぁと実感するようになります。

とはいえ、単に「弊社は新卒でも裁量があるよ」とメッセージをもらっても、実際にはどうなのか分からないということが現状です。

そこで、Wantedlyでは新卒時代からどんなことに取り組んできたのか、もっと遡り学生インターンがどのようなシゴトを担当してきたのかを実績ベースで成功事例と失敗事例をお伝えします。

これを読んで、Wantedlyの新卒のシゴトは挑戦しがいがあり楽しそうだなと思ってもらえたら、ぜひ話を聞きにきてください!

■採用ポジション
・WEB(バックエンド・フロントエンドなど)
・インフラ(基盤開発・SRE・セキュリティなど)
・機械学習
・データサイエンティスト(検索推薦)
・iOS
・Android

■Wantedlyメンバーはどんな人達?
・技術力をつけるのは当たり前、その先のプロダクトをいかに良くしていくかと考える
・無駄なMTGを嫌う
・技術が好きで、ほぼ毎日社内勉強会が開催される
・20%ルールは制度としてないが、20%以上に色々やってる人が普通にいる(面談時にお伝えします)
・技術イベントに積極登壇(登壇資料一覧 https://wantedlyinc.com/ja/presentations

■Wantedlyの目指す世界
mission: シゴトでココロオドルひとをふやす
例えば、履歴書やエントリーシートを一生懸命書かなくてもWantedlyのプロフィールがあれば気軽に企業に会いにいける世界や、繋がった人との人脈が自分のキャリアの資産になる世界を本気で作りたいと思っています。

■新卒1年目時代の取り組み実例
その1
WHY
・異なる2つのインフラを管理するのがコスト
・Wantedly Visitのインフラ負債化(Dockerは1.0以前、Kubernetesも2016年春から導入)
WHAT
・社内最大サービスのKubernetes移行
・100以上のサービスが動くKubernetesインフラの総入れ替え
・Kubernetesの運用原則の確立
参考資料
https://speakerdeck.com/potsbo/k8s-kubernetes-8-factors

その2
WHY
・より良いマッチングの実現ため,推薦システムの改善に力を入れたい
WHAT
・推薦システムの改善に注力するため,専門チームの新規立ち上げ
・ユーザごとに最適な推薦を行うため,推薦の Personalize 化
・データを活用しより理想的なマッチングを実現するため,推薦システムへの機械学習の導入
・推薦システムの改善をスムーズにするため,本体の Rails サービスと推薦システムの機能を切り離すマイクロサービス化の実施

その3(失敗事例から生まれた新しい取り組み)
WHY
・社内で Kubernetes とマイクロサービスが流行
・サービスをまたいだ開発の難航化
WHAT
・当時日本の企業で誰も本番運用していなかったIstioの導入したが、Istioの影響で検証環境が壊れた
失敗から生まれた取り組み
・“気軽に壊してもいい環境“が欲しくなる
・結果アグレッシブに試せる開発環境の設計・構築による社内の新開発体制が確立

■学生インターン時の取り組み実例
・GoのWebサーバのフレームワークの設計・実装
 参考資料 https://qiita.com/izumin5210/items/ed1c0100a45366c3b75e

・社内全体で利用するジョブワーカーのフレームワークの設計・実装
 参考資料 https://www.wantedly.com/companies/wantedly/post_articles/170571

・Wantedly VisitのメインDBの分割

■Wantedlyの新卒研修
全員参加の数ヶ月の座学など画一的な研修はありません。
プロダクト開発で活用できるノウハウを中心に組んでおり、自分はこの分野は既に知識があるという研修をスキップすることも可能です。
https://www.wantedly.com/companies/wantedly/post_articles/173824

■Wantedlyの新卒採用
Wantedlyでは就業型インターンシップを通じて会社のことを知ってもらうことを大切にしています。面接だけでは見えない部分の実際の動き方などを知ってもらい、Wantedlyで働くイメージを持って頂いています。
話すだけでは見えないことも多いので、まずはインターンにチャレンジしませんか?

Highlighted stories

The History of Distributed Databases - Google, Amazon, Facebook など巨大企業による分散データベース技術の発展
Wantedlyの会社アカウントにメンバーを招待しやすくなりました!改めてメンバーを招待するメリットをご紹介します。
Wantedlyの社内報サービス「Internal Story」β版を無償公開しました!
Other users cannot see whether or not you're interested.
16 recommendations
Company info
Wantedly, Inc.
  • Founded on 2010/09
  • 100 members
  • CEO can code /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 新卒だからやらせてもらえない環境は本当に嫌だ!と思う21卒エンジニア募集
    Wantedly, Inc.