Kenji Kawamata

ウォンテッドリー株式会社 / カスタマーサクセス(Enterprise)

東京都

Kenji Kawamata

ウォンテッドリー株式会社 / カスタマーサクセス(Enterprise)

東京都

Kenji Kawamata

ウォンテッドリー株式会社 / カスタマーサクセス(Enterprise)

Why not create your own Wantedly profile?

Showcase yourself and your experiences to bring your professional story to life.

Join

自分で決めた『選択』を正解にすることこそ本当の実力。

慶應義塾大学(経済学部)卒業後、新卒で大手不動産投資会社に従事。自身で選んだ1社目に対して、入社後のギャップを大きく感じたと共に、自分と同じ境遇を経験している日本の就職事情に疑問を感じ、8ヶ月で退職を決意。新卒での体験を軸に『HR領域』に携わってみたいと2017.12月に第2新卒枠としてWantedly.incに転職。

In the future

Ambition

In the future

自分が普段から使っているような、ビジネス・プライベートにおける『課題解決(DX含む)』を追求したサービスにこれからも携わっていきたい。出来る限り『事業開発』の領域に足を踏み入れていきたい。

Sept 2020
-
Present

カスタマーサクセス(Enterprise)
Present

Sept 2020 -

Present

所属期間:2020.9〜 2020年8月に行われた『OPEN POSITION制度(社内公募)』での選考の結果、2021年度上期(20年9月〜)より、主に大企業を中心として担当をする『Enterpriseセールス』に異動。この部署では単に戦略を描くだけでなく、実行支援までを含めた採用コンサルティングを業務とし、クライアント様と一緒にプランを設計、契約期間中も実行支援を行いつつ、約100社の採用課題解決に注力した。

21年2Q・ビジネス領域MVP

Mar 2021

21年2Q・ビジネス領域MVP

Mar 2021

売上全指標の連続達成記録

Oct 2020 - Feb 2021

5

ヶ月
売上全指標の連続達成記録

Oct 2020 - Feb 2021

5

ヶ月

21年1月『広告オプション受注金額』 1 位

Jan 2021

21年1月『広告オプション受注金額』 1 位

Jan 2021

ライブ配信コンテンツ『Wiz Camp』出演

Jan 2021

ライブ配信コンテンツ『Wiz Camp』出演

Jan 2021

12月当月新規売上『over160%・最高記録』

Dec 2020

12月当月新規売上『over160%・最高記録』

Dec 2020

20年12月開催『BOXIL EXPO 人事総合展』セールスピッチ動画出演

Dec 2020

20年12月開催『BOXIL EXPO 人事総合展』セールスピッチ動画出演

Dec 2020

20年10月『広告オプション受注金額』3位

Oct 2020

20年10月『広告オプション受注金額』3位

Oct 2020

Enterprise施策『はじめてのスカウト』issue展開

2020年10月のオプション資料リニューアルによって、より顧客に対してオプションの説明が重要視されるようになってきた。 そのため、有料領域だけではなく「最近オプションの提案を始めたんだけど何を話せばいいのかわからない」「スカウトが一番売れそうだけど、比較聞かれたときにどこを推せばいいのかわかっていない」「無料領域のメンバーだけどオプションを訴求して頭角を表したい」など、口には出せないけど内心思っている無料領域メンバーに向けて『たまにみたくなる資料』 として重宝できるようなIsuueを展開した。 これから有料領域にいきたいと思っている無料領域メンバーや、最近初めて有料領域でオプションの提案を始めたというようなメンバーにとって貢献できる施策となった。

Sept 2020 - Oct 2020

Enterprise施策『はじめてのスカウト』issue展開

2020年10月のオプション資料リニューアルによって、より顧客に対してオプションの説明が重要視されるようになってきた。 そのため、有料領域だけではなく「最近オプションの提案を始めたんだけど何を話せばいいのかわからない」「スカウトが一番売れそうだけど、比較聞かれたときにどこを推せばいいのかわかっていない」「無料領域のメンバーだけどオプションを訴求して頭角を表したい」など、口には出せないけど内心思っている無料領域メンバーに向けて『たまにみたくなる資料』 として重宝できるようなIsuueを展開した。 これから有料領域にいきたいと思っている無料領域メンバーや、最近初めて有料領域でオプションの提案を始めたというようなメンバーにとって貢献できる施策となった。

Feb 2020

カスタマーサクセス(SMB)

Feb 2020

所属期間:2020.2〜2020.8(7ヶ月) 2020年2月からは、カスタマーサクセスチーム内に属する有料企業に対して『オプションの提案(Upsell)』を専門的に行うSMB(セールスイネーブルメント)に異動。この組織は、その名の通り「営業組織を活性化・改善するための組織」として設立され、有料化してベースプランのみを使っているクライアント様に対して、更なる成功体験を得てもらうべく、広告やスカウトの提案を行い、販売から導入支

20年8月『広告オプション受注金額』1位

Aug 2020

20年8月『広告オプション受注金額』1位

Aug 2020

20年7月『広告オプション受注金額』1位

July 2020

20年7月『広告オプション受注金額』1位

July 2020

社内CS「主要プロダクト『スカウト』の機能解明」

ウォンテッドリーのサービスの中で一番欠かせない商品であり、理解が一番困難な 『ダイレクトスカウト』の仕組みと、今までセールスで、説明していた内容の中でも「その機能は今はないです」や「その仕様は実は変わってました」という点があることが判明したので、そこを簡単にまとめ、開発者側とすり合わせを行なった上で、ビジネス全体に共有を行なった。

社内CS「主要プロダクト『スカウト』の機能解明」

ウォンテッドリーのサービスの中で一番欠かせない商品であり、理解が一番困難な 『ダイレクトスカウト』の仕組みと、今までセールスで、説明していた内容の中でも「その機能は今はないです」や「その仕様は実は変わってました」という点があることが判明したので、そこを簡単にまとめ、開発者側とすり合わせを行なった上で、ビジネス全体に共有を行なった。

社内SMB「オプション説明資料(社外向け)」の作成

2020年2月に新チームに異動した直後、当時の説明資料がわかり辛いという点や、説明の流れに沿ったものではないと判断し、自らデータや企業様からの協力を集め、新資料を作成し、チームに展開した。

社内SMB「オプション説明資料(社外向け)」の作成

2020年2月に新チームに異動した直後、当時の説明資料がわかり辛いという点や、説明の流れに沿ったものではないと判断し、自らデータや企業様からの協力を集め、新資料を作成し、チームに展開した。

社内SMB「『川又式・営業法』について」

2017年12月にウォンテッドリーに入社し、インサイドセールス・マーケ・カスタマーサクセス・SMB(Upsell営業)・エンタープライズとSaaSモデルの一領域を約3年かけてやってきた経験と、在籍期間のほとんどをトップセールスとして走り抜けてきた実績を活かし、自分が行った一連の流れを『マインド』から『商談前〜中〜後』と細かいフェーズに分けて解説。Issueにて展開を行った。

社内SMB「『川又式・営業法』について」

2017年12月にウォンテッドリーに入社し、インサイドセールス・マーケ・カスタマーサクセス・SMB(Upsell営業)・エンタープライズとSaaSモデルの一領域を約3年かけてやってきた経験と、在籍期間のほとんどをトップセールスとして走り抜けてきた実績を活かし、自分が行った一連の流れを『マインド』から『商談前〜中〜後』と細かいフェーズに分けて解説。Issueにて展開を行った。

2020.3 Client Oriented賞 受賞

Apr 2020

2020.3 Client Oriented賞 受賞

Apr 2020

2020.3 FY20クライアントレビュー(受注した案件が表彰)

Apr 2020

2020.3 FY20クライアントレビュー(受注した案件が表彰)

Apr 2020

Sept 2019

カスタマーサクセス(Onboarding)

Sept 2019

所属期間:2019.9〜2020.1(5ヶ月) 2019.8月に前ポジションの役割を完了したということで同年9月より、今度は無料領域から有料領域へ移行。有料企業のモチベーションを高める役割を担うカスタマーサクセスチーム内の『オンボーディング』の初期メンバーとして配属、企業の育成チームの立ち上げに携わった。

「#シゴトの抱負2020」CSオンボーディングチーム編

Aug 2020

「#シゴトの抱負2020」CSオンボーディングチーム編

Aug 2020

社内CS「非運用企業4ヶ月〜5ヶ月企業に対する活動量向上」の型化

有料化したものの運用に至っていない4ヶ月目・5ヶ月目の企業に対して、初めて接触を行い運用に繋がるための仕組み構築を行った。 通常であれば1回のハイタッチで、その後はテックタッチになっていたところを、一企業あたり最大3回のハイタッチを行うことで、「自走スキル」を伝授し、その後のタッチを不要とする仕組みを考案。結果、担当する企業全てを非活用から活用企業へ変換に成功した。その後「自分式」を型化・共有を行うと共に、サービスの活用事例企業としてセールスに共有するようにもした。

社内CS「非運用企業4ヶ月〜5ヶ月企業に対する活動量向上」の型化

有料化したものの運用に至っていない4ヶ月目・5ヶ月目の企業に対して、初めて接触を行い運用に繋がるための仕組み構築を行った。 通常であれば1回のハイタッチで、その後はテックタッチになっていたところを、一企業あたり最大3回のハイタッチを行うことで、「自走スキル」を伝授し、その後のタッチを不要とする仕組みを考案。結果、担当する企業全てを非活用から活用企業へ変換に成功した。その後「自分式」を型化・共有を行うと共に、サービスの活用事例企業としてセールスに共有するようにもした。

社内CS「3ヶ月〜4ヶ月目の弱運用企業に対するウォンテッドリーを使った採用スキル向上」の型化

19年11月に行った「4ヶ月目〜5ヶ月目」の企業群よりも少し上のクラスの企業様(=ある程度使っているが、上手くいっていない企業)に対して、「どうすればもっと上手く活用していけるのか」という課題にフォーカスし、各企業独自で「自走」できるようになるためのプロセスを構築し、トライアンドエラーを重ねたのちに、一番上手くいった方法を「型化」しチームに共有した。

社内CS「3ヶ月〜4ヶ月目の弱運用企業に対するウォンテッドリーを使った採用スキル向上」の型化

19年11月に行った「4ヶ月目〜5ヶ月目」の企業群よりも少し上のクラスの企業様(=ある程度使っているが、上手くいっていない企業)に対して、「どうすればもっと上手く活用していけるのか」という課題にフォーカスし、各企業独自で「自走」できるようになるためのプロセスを構築し、トライアンドエラーを重ねたのちに、一番上手くいった方法を「型化」しチームに共有した。

社内CS「オンボーディングチーム」体制整備

売り上げ向上のために必要なのは、下記の「商談数向上」以外にも、既存の有料企業の「継続率」も重要となってくる。特に新規有料企業の「初回継続率」の改善にフォーカスしたのが、19年9月に配属された「オンボーディングチーム」になっている。そこで「有料化にしたが、何かしらの理由で運用を停止してしまった企業」のフォローと立ち上がりの1領域を担い、立ち上げメンバーの一人として改善を行なった。

社内CS「オンボーディングチーム」体制整備

売り上げ向上のために必要なのは、下記の「商談数向上」以外にも、既存の有料企業の「継続率」も重要となってくる。特に新規有料企業の「初回継続率」の改善にフォーカスしたのが、19年9月に配属された「オンボーディングチーム」になっている。そこで「有料化にしたが、何かしらの理由で運用を停止してしまった企業」のフォローと立ち上がりの1領域を担い、立ち上げメンバーの一人として改善を行なった。

2019.10 ベストプラクティス候補ノミネート

Nov 2019

2019.10 ベストプラクティス候補ノミネート

Nov 2019

Jan 2019

マーケティング(Sales Development Representive・Team Leader)

Jan 2019

所属期間:2019.1〜2019.8(8ヶ月) その後、弊社執行役員より任命を受け、2019年1月に役員直下の事業に異動。どの組織でも重要課題となる「商談獲得」にフォーカスした役割を担うチーム『ナーチャリングチームの立ち上げ』を担当し、リモートやインターン・アルバイトを含む20名以上のメンバーのマネジメントを行った。

Nurturing team (Board member)

Jan 2019 - Aug 2019

Nurturing team (Board member)

Jan 2019 - Aug 2019

社内Sales「ナーチャリングチーム」立ち上げ

売り上げ向上のために、大きく影響するのが「商談数」の向上、つまりは顧客とのタッチポイントを増やすことである。そこの根本を担うチームを19年1月よりチームリーダーとして立ち上げ業務を任命され、8ヶ月間に渡って、組織づくりならびに売上の向上に貢献した。 19.1月:派遣・アルバイトを含めた三名チームで始動。 19.2月:社員追加で四名体制へ 19.3月:ルール・施策整え完了 19.4月:社内Squad化(=公式な組織へ) 19.6月:20名以上の大規模な組織へ(=人員投入) 19.7月:史上初の全体達成 19.8月:2ヶ月連続の全体達成 19.9月:大規模なセールス組織へ(=別チームへ異動)

社内Sales「ナーチャリングチーム」立ち上げ

売り上げ向上のために、大きく影響するのが「商談数」の向上、つまりは顧客とのタッチポイントを増やすことである。そこの根本を担うチームを19年1月よりチームリーダーとして立ち上げ業務を任命され、8ヶ月間に渡って、組織づくりならびに売上の向上に貢献した。 19.1月:派遣・アルバイトを含めた三名チームで始動。 19.2月:社員追加で四名体制へ 19.3月:ルール・施策整え完了 19.4月:社内Squad化(=公式な組織へ) 19.6月:20名以上の大規模な組織へ(=人員投入) 19.7月:史上初の全体達成 19.8月:2ヶ月連続の全体達成 19.9月:大規模なセールス組織へ(=別チームへ異動)

2019.3 上期最多High-fiveメンバー

Apr 2019

2019.3 上期最多High-fiveメンバー

Apr 2019

2019.1 投票制Team first賞 受賞

Apr 2019

2019.1 投票制Team first賞 受賞

Apr 2019

Dec 2017

インサイドセールス(Call team / Online sales・Sub Leader)

Dec 2017

所属期間:2017.12〜2018.12(13ヶ月) 入社メンバーとしては全社員34人目、ビジネスメンバーとしては10人目としてジョイン。現在では、その入社順も一桁台に入っている。入社後、インサイドセールスに配属(=弊社のインサイドセールスは商談獲得までの肯定だけでなく、獲得した後の商談実施まで行い、無料アカウントから有料化を行うセールスの一連を指している)

恐怖や不安は「挑戦」の証拠。「シゴト=作業」から「シゴト=趣味」を体現できるようになるまで。

July 2018

恐怖や不安は「挑戦」の証拠。「シゴト=作業」から「シゴト=趣味」を体現できるようになるまで。

July 2018

Wantedly・Feed(平山さん/前編)

Sept 2018

Wantedly・Feed(平山さん/前編)

Sept 2018

社内Sales「セールスチーム向け教育ノック集」の作成

インサイドセールス向けに、入社時に学ぶべき知識を凝縮したノック(=問題集)を初級〜上級編まで作成した。これにより、入社時に入ったメンバーがスムーズにセールス業務に入れる道筋ができ、現在までも活用をされている1ツールとなった。 初級編:会社に入ったばかりのメンバーがまず把握しなくてはならない知識 中級編:商談時によく聞かれる質問や、トークに必要な知識 上級編:こんな企業に対しての提案はどうするか?の事例問題 上記に分けて、問題集を作り、徐々にステップアップしていけるような構造を作り、共有した。

社内Sales「セールスチーム向け教育ノック集」の作成

インサイドセールス向けに、入社時に学ぶべき知識を凝縮したノック(=問題集)を初級〜上級編まで作成した。これにより、入社時に入ったメンバーがスムーズにセールス業務に入れる道筋ができ、現在までも活用をされている1ツールとなった。 初級編:会社に入ったばかりのメンバーがまず把握しなくてはならない知識 中級編:商談時によく聞かれる質問や、トークに必要な知識 上級編:こんな企業に対しての提案はどうするか?の事例問題 上記に分けて、問題集を作り、徐々にステップアップしていけるような構造を作り、共有した。

2018.11 投票制Team first賞 受賞

Apr 2018

2018.11 投票制Team first賞 受賞

Apr 2018

2018.11 ベストプラクティス受賞

Apr 2018

2018.11 ベストプラクティス受賞

Apr 2018

2018.11 ベストプラクティス候補ノミネート

Apr 2018

2018.11 ベストプラクティス候補ノミネート

Apr 2018

2018.10 King of King受賞(1位)

Apr 2018

2018.10 King of King受賞(1位)

Apr 2018

2018.10 ベストプラクティス候補ノミネート

Apr 2018

2018.10 ベストプラクティス候補ノミネート

Apr 2018

Apr 2021
-
Present

採用支援・事業開発サポート
Present

Apr 2021 -

Present

所属期間:2020.4〜(副業として) ウォンテッドリーで在籍約3年半が経過する4月より、新しい試みとして『副業』という新しい選択肢をライフスタイルに追加(主に土日に業務を行う)。

リードエッジコンサルティング・公式Twitter開設

採用ブランディングを幅広く配信していくため、会社の公式アカウントを作成。今後はウォンテッドリー以外からの流入を増やすべくTwitterを活用していく。

Apr 2021

リードエッジコンサルティング・公式Twitter開設

Apr 2021

Lead Edge Consulting会社ページ作成

Apr 2021

Lead Edge Consulting会社ページ作成

Apr 2021

2017

慶應義塾大学

経済学部

2017

四大学ベストプレゼンテーター

Nov 2016

四大学ベストプレゼンテーター

Nov 2016

福澤諭吉による「学問のすヽめ」から読み解く福沢の意思(卒論)

Mar 2017

福澤諭吉による「学問のすヽめ」から読み解く福沢の意思(卒論)

Mar 2017

ジュニアテニス強化育成計画の構築

大学時代のアルバイト先である大手スポーツセンターのテニスコーチとして、アルバイトながらも正規ジュニアテニスコーチとして認定、その後数年に渡り、幼児〜高校生までの強化コーチとして指導計画を作成。 アルバイトながらも顧客満足度評価上位コーチとして、型破りなメニューを提供、そのメニューを展開して、それを機にテニスからも引退した。

ジュニアテニス強化育成計画の構築

大学時代のアルバイト先である大手スポーツセンターのテニスコーチとして、アルバイトながらも正規ジュニアテニスコーチとして認定、その後数年に渡り、幼児〜高校生までの強化コーチとして指導計画を作成。 アルバイトながらも顧客満足度評価上位コーチとして、型破りなメニューを提供、そのメニューを展開して、それを機にテニスからも引退した。

Apr 2017
-
Nov 2017

不動産投資コンサルタント

Apr 2017 - Nov 2017

大手内定(=不動産・建設業界)を持ちつつも、最終的に「今後伸びていくだろう」と予測した環境に自らの意思で挑戦するのも良いなと方向転換し、新卒で、不動産投資業界に従事。主にto C向けに『不動産投資』のパッケージ提案を行った。

2013

慶應義塾高等学校

2013

Eagle's World

Aug 2017 - Sept 2017

Eagle's World

Aug 2017 - Sept 2017

慶應義塾高等学校 皆勤賞

Nov 2013

慶應義塾高等学校 皆勤賞

Nov 2013

2010

慶應義塾普通部

2010

慶應義塾普通部 皆勤賞

Nov 2010

慶應義塾普通部 皆勤賞

Nov 2010

Zebra's World

Aug 2010 - Sept 2010

Zebra's World

Aug 2010 - Sept 2010

2007

慶應義塾幼稚舎

2007

慶應義塾幼稚舎 皆勤賞

Nov 2007

慶應義塾幼稚舎 皆勤賞

Nov 2007

2001

松濤幼稚園

2001


Skills and qualities

修造

Recommended by Miria Hiroe and 8 more
9

Publications

リードエッジコンサルティング・公式Twitter開設

Apr 2021

Lead Edge Consulting会社ページ作成

Apr 2021

「#シゴトの抱負2020」CSオンボーディングチーム編

Aug 2020

Wantedly・Feed(平山さん/前編)

Sept 2018

恐怖や不安は「挑戦」の証拠。「シゴト=作業」から「シゴト=趣味」を体現できるようになるまで。

July 2018

Show more

Accomplishments/Portfolio

売上全指標の連続達成記録 5ヶ月

Oct 2020 - Feb 2021

ライブ配信コンテンツ『Wiz Camp』出演

Jan 2021

20年12月開催『BOXIL EXPO 人事総合展』セールスピッチ動画出演

Dec 2020

Enterprise施策『はじめてのスカウト』issue展開

Sept 2020 - Oct 2020

社内SMB「『川又式・営業法』について」

Show more

Awards and Certifications

21年2Q・ビジネス領域MVP

Mar 2021

21年1月『広告オプション受注金額』 1 位

Jan 2021

12月当月新規売上『over160%・最高記録』

Dec 2020

20年10月『広告オプション受注金額』3位

Oct 2020

20年8月『広告オプション受注金額』1位

Aug 2020

Show more


Languages

English - Conversational, Japanese - Native, Chinese - Conversational