Hiroki Tomida

コロンビア大学 / 進化生態学部修士課程

Hiroki Tomida

コロンビア大学 / 進化生態学部修士課程

Hiroki Tomida

コロンビア大学 / 進化生態学部修士課程

This user is using the new profile.

Join our Beta test to try out our new profile.

Join

Hello world

In the future

Ambition

In the future

現在、大学院卒業後(2021年5月)から2021年10月まで働けるインターンを探しています。 入社予定の会社が戦略系のコンサルティング会社なので、経営企画に関するインターン、もしくはマーケティングに関係する職があればと考えています。

Sept 2019
-
May 2021

コロンビア大学

2 years

進化生態学部修士課程

Sept 2019 - May 2021

研究テーマは、闘魚を用いた攻撃行動に関与する遺伝子の同定です。 主な目的としては、攻撃行動に関与する遺伝子を明らかにすることで、その遺伝子をたよりに攻撃行動に関する神経回路全体の解明を目的にしています。 主に、攻撃行動を定量化するためのロボットの作製とゲノム解析を行っています。

Aug 2017
-
Sept 2019

生物学科/ 外部研究生・研究生

Aug 2017 - Sept 2019

学部3年の夏から外部研究生として東京大学の神田研究室で研究インターンに従事しました。 学部卒業後も、海外留学の渡米の前の4月から9月に研究生として研究に従事させて頂きました。

Apr 2015
-
Apr 2019

国際基督教大学

5 years

教養学部/生物・経済ダブルメジャー

Apr 2015 - Apr 2019

卒論では、野生とペットのメダカにはどのような形質の違いがあるのか?また、その形質の違いはどのような遺伝子によって司られているのか?について研究を行いました。 研究の主な目的は、魚類の養殖・選抜育種のための基礎研究です。 メダカが人によって飼い慣らされる過程で、成長・摂食・生殖能力が野生の集団よりも高い事を明らかにし、こうした違いを司る遺伝子を同定することにより、マグロやウナギといった養殖・品種改良するのが難しい魚を効率的に生産・改良するために必要な基礎研究に従事していました。