Ryu Yamagishi

Wantedly, Inc. / People Backend Engineer

Ryu Yamagishi

Wantedly, Inc. / People Backend Engineer

東京都

Ryu Yamagishi

Wantedly, Inc. / People Backend Engineer

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

思い立ったらすぐ行動

Wantedlyのバックエンドエンジニアです 普段はWantedly Peopleのバックエンド開発をしています。

FLL World Championship 第2位

2006年12月

未来

この先やってみたいこと

未来

・海外で働きたい ・スタートアップを立ち上げ運営したい ・夢は自分の家の地下に体育館を作ること

2021年4月
-
現在

People Backend Engineer
現在

2021年4月 -

現在

People Backend Engineer

2021年4月 -

現在

2019年4月
-
2021年3月

京都大学大学院(修士課程)

2 years

情報学研究科

2019年4月 - 2021年3月

観光地の推薦を研究していました 観光地ではユーザは同じ場所に何度も行かないのでデータがスパースになりやすくなります。また、ユーザは普段の生活とは違ってユーザの好みに従って動くので、ユーザの好みをどう考慮するのかが重要になります。 そこで提案手法ではユーザの好みを潜在変数として扱い、生成モデルを構築して推薦システムを行いました。

京都大学大学院(修士課程)

情報学研究科

2019年4月 - 2021年3月

観光地の推薦を研究していました 観光地ではユーザは同じ場所に何度も行かないのでデータがスパースになりやすくなります。また、ユーザは普段の生活とは違ってユーザの好みに従って動くので、ユーザの好みをどう考慮するのかが重要になります。 そこで提案手法ではユーザの好みを潜在変数として扱い、生成モデルを構築して推薦システムを行いました。

ハッカソンでiOSアプリを作成、リリースしました

2021年3月

2018年9月
-
2020年2月

リードサーバーエンジニア

2018年9月 - 2020年2月

もともとDjangoで開発されていたバックエンドがカオスな状態になっていたのでRailsに置き換えDockerを導入し運用まで持っていきました.また,リードエンジニアとしてそれぞれのエンジニアに仕事を割り振り,プロジェクトを円滑に進めるためにマネージメントを行いました.運用に入ってからはインフラを管理することが多くなり,CI/CDの導入,ログ解析などをしてプロダクト全体を携わっていました.

リードサーバーエンジニア

2018年9月 - 2020年2月

もともとDjangoで開発されていたバックエンドがカオスな状態になっていたのでRailsに置き換えDockerを導入し運用まで持っていきました.また,リードエンジニアとしてそれぞれのエンジニアに仕事を割り振り,プロジェクトを円滑に進めるためにマネージメントを行いました.運用に入ってからはインフラを管理することが多くなり,CI/CDの導入,ログ解析などをしてプロダクト全体を携わっていました.

2019年11月

バックエンド・インフラエンジニア(Intern)

2019年11月

Sunriseというインターンに参加し、バックエンドアプリケーションのパフォーマンス改善に取り組みました。クエリやメモリの最適化だけでなく、インスタンスのオートスケール化やキューの導入など、インフラの再構築もしました

バックエンド・インフラエンジニア(Intern)

2019年11月

Sunriseというインターンに参加し、バックエンドアプリケーションのパフォーマンス改善に取り組みました。クエリやメモリの最適化だけでなく、インスタンスのオートスケール化やキューの導入など、インフラの再構築もしました

2019年9月
-
2019年10月

バックエンドエンジニア

2019年9月 - 2019年10月

Wantedly Peopleの機能開発をしました

バックエンドエンジニア

2019年9月 - 2019年10月

Wantedly Peopleの機能開発をしました

2019年9月

バックエンド、インフラエンジニア(Intern)

2019年9月

ゲームの高トラフィックに耐えるようなシステムのパフォーマンス改善に取り組みました。

バックエンド、インフラエンジニア(Intern)

2019年9月

ゲームの高トラフィックに耐えるようなシステムのパフォーマンス改善に取り組みました。

2019年8月

ソフトウェアエンジニア(Intern)

2019年8月

Treasureというインターンに参加しました。 そこではバックエンド、フロントエンドに限らずセキュリティやインフラについて学びました。後半はチーム分けされてハッカソン形式となり、自分のチームはリモートでのコードレビュープラットフォームを作成し、優勝しました🎉

ソフトウェアエンジニア(Intern)

2019年8月

Treasureというインターンに参加しました。 そこではバックエンド、フロントエンドに限らずセキュリティやインフラについて学びました。後半はチーム分けされてハッカソン形式となり、自分のチームはリモートでのコードレビュープラットフォームを作成し、優勝しました🎉

2019年8月

Backendエンジニア(Intern)

2019年8月

ScalaでバックエンドアプリケーションをDDDの考え方に沿ってリファクタリングするということを行いました。DDDとは概念であり、設計の難しさを学びました

Backendエンジニア(Intern)

2019年8月

ScalaでバックエンドアプリケーションをDDDの考え方に沿ってリファクタリングするということを行いました。DDDとは概念であり、設計の難しさを学びました

2019年3月

京都大学

工学部情報学科

2019年3月

京都大学

工学部情報学科

2019年3月

NF TIMES

2018年9月 - 2018年11月

2018年1月
-
2018年10月

リードiOSエンジニア

2018年1月 - 2018年10月

医療系アプリの開発を行いました.StoryBoardは使わずSnapKitで画面を構成し,API呼び出し部分の切り出しなど設計段階から運用まで大きく関わりました

リードiOSエンジニア

2018年1月 - 2018年10月

医療系アプリの開発を行いました.StoryBoardは使わずSnapKitで画面を構成し,API呼び出し部分の切り出しなど設計段階から運用まで大きく関わりました

2017年2月
-
2018年5月

2017年2月 - 2018年5月

Web開発、モバイルアプリケーション開発のほか、インターン生の育成をしています。Web開発では実際にコーディングをしており、LaravelやRuby on Railsを使用しています。また、モバイルアプリケーション開発ではSwiftを用いてiOSアプリケーションを作成しています。

2017年2月 - 2018年5月

Web開発、モバイルアプリケーション開発のほか、インターン生の育成をしています。Web開発では実際にコーディングをしており、LaravelやRuby on Railsを使用しています。また、モバイルアプリケーション開発ではSwiftを用いてiOSアプリケーションを作成しています。

Travel Book

2018年1月 - 2018年3月

2017年9月

バックエンドエンジニア(Intern)

2017年9月

Ruby on Railsで1週間のエンジニアインターンをしました。 業務内容はダッシュボードの表示高速化でN+1問題やクエリの最適化をしました。

バックエンドエンジニア(Intern)

2017年9月

Ruby on Railsで1週間のエンジニアインターンをしました。 業務内容はダッシュボードの表示高速化でN+1問題やクエリの最適化をしました。

2017年9月

エンジニア(Intern)

2017年9月

2泊3日のハッカソンに参加しました。バックエンド含めたiOSのアプリを一つ作り上げました。

エンジニア(Intern)

2017年9月

2泊3日のハッカソンに参加しました。バックエンド含めたiOSのアプリを一つ作り上げました。

2014年3月

栄光学園高等学校

2014年3月

栄光学園高等学校

2014年3月


スキルと特徴

髪が派手

Chiaki Hasegawaとその他14人が +1
15

サンダル

Ayumi Nishiyaとその他7人が +1
8

ポジティブ

Ayumi Nishiyaとその他6人が +1
7

煽られ耐性

Ayumi Nishiyaとその他5人が +1
6

フットワーク激軽

Chiaki Hasegawaとその他5人が +1
6

Accomplishments/Portfolio

ハッカソンでiOSアプリを作成、リリースしました

2021年3月

NF TIMES

2018年9月 - 2018年11月

Travel Book

2018年1月 - 2018年3月

Awards and Certifications

FLL World Championship 第2位

2006年12月


言語

日本語 - ネイティブ, 英語 - 日常会話