1
/
5

私が長期インターンに参加した理由 〜ベンチャー企業での広報インターン体験記〜

「旅行が好きだったので、ホテルや会社に関わる仕事をしてみたいと思っていました]

 #広報 #インターン  

こんにちは!Wantedly広報チームの浅野です。

この記事は、1社で1ヶ月以上のインターンシップを経験したことのある方にインタビューし、長期インターンを通して実際にどのような経験ができたのか、その経験が自身のキャリア観にどう影響し、インターンに参加をすることでどのようなメリットがあるのかをまとめています。

今回インタビューに協力してくれたのは、一橋大学商学部商学科に通う小山内美遥(おさない みはる)さんです。小山内さんは、ホテル旅館向けのITサービスを提供している企業、株式会社コネクター・ジャパンで広報のインターンをしていました。なぜインターンを始めたのか、実際にどのような体験をしたのか、就活や働くことにに対する考え方に変化があったのかをお伺いしました。

ホテルや旅館のコンサル会社で広報のインターンを始める

―一番初めにインターンを始めたきっかけを教えてください。

私がインターンを始めたのは2年生の7月頃からで、1社目のインターンは先輩の紹介で入りました。当時は普通のアルバイトも並行してやっていましたが、アルバイトよりも実際の会社で働いた方が学びが多そうだなと思ってたのと、単純に「インターンってかっこいいな」という憧れがあって(笑)

―それからいくつかのインターンを経て、コネクター・ジャパンに参画したのですね。

はい、半年ほど広報のインターンをしていました。コネクター・ジャパンは、ホテルや旅館などの予約サイトのコンサルティングや、予約の管理ツールなどを運用している企業です。

15人くらいのベンチャー企業だったので、与えてもらえる仕事の裁量が非常に大きい会社でした。

―なぜそのインターンに応募したのですか?

コネクター・ジャパンへ応募する際に、いくつかの企業を同時に見ていました。その際に、元々旅行が好きだったので、ホテルや会社に関わる仕事がやってみたいと考えていて、自分に合っていると思ったのが決め手です。

私の場合、インターンと就活を直結させようと思ってやっていたわけではなく、「働く」ということ自体を知るためにやっていました。両親が会社勤めではなく、私の出身も地方であまり情報がなかったので、自分の中に一般的な会社勤めってどういう感じなんだろうというイメージを作りたいと考えていました。

企業サイトのデザインを一任!?

―広報のインターンと言っていましたが、具体的にはどのような仕事を任されていましたか?

インターンの仕事内容は、外部に向けたプレスリリースの作成、チラシや自社サイトのデザインのディレクション、ホテルや旅館に対してインタビューを行い、サイトで事例として紹介する、など多岐に渡ります。

体制がまだ固まっていない小さな会社だったので、広報という仕事に限らず、できることならなんでもやらせてもらえたので、とても良い経験になりました。

―そんな多岐に渡る仕事の中で、最も印象に残っている仕事はなんですか?

Webサイトを作成した際に、最初のイメージやコンセプトの部分から携わっていて。デザイナーさんと協力しながら1つのものを作り上げることができた時は、とても達成感がありました。デザインの部分は私がほぼ全て担当していたので、責任感もありましたし、大きな仕事を任せてもらえたのが純粋に嬉しかったです。


―逆に、もう少しこうしておけば良かったということはありましたか?

インターンには週2、3日しか出勤できなかったので、与えられた仕事になんとか応えるだけになってしまったのが悔やまれます。もっと自分から提案することができれば良かったのですが… 半年というのも、長いようであっという間でした。

実際に小山内さんが制作に携わったWebサイト

実務経験を通して、自分が働く上で大切にしたいことを見つける

―インターンを通して、自分のキャリアに対する考えに変化はありましたか?

インターンに参加し、就職活動を進めていく中で、何を大事にして企業を選んだら良いのかははっきりしました。私は会社がやっている事業に共感することが何よりも大切であると考えています。その会社に入ったら得られるスキルやキャリアよりも、まずはその事業自体に強く共感しないと、仕事に対するモチベーションが上がらないということをインターン通して強く感じました。

インターンに参加するまでは、ベンチャーが良いか、あるいは大企業が良いかもはっきり決められていなかったので、どのような企業が自分に合っているのかを判断するためにも役に立ったと思います。

―最後に、これからインターンを始める学生に、何かアドバイスがあればお願いします。

これは私の反省でもあるんですけど、一番最初にその会社で自分が何をしたいのか、インターンを通して何を得たいのかというのを考えて、面接で社員さんと詰めていった方がより良い時間になると思います。インターンとして企業に入って実際の仕事を体験できるのは学生のうちなので、色々な企業を見ていって欲しいです。

おわりに

Webサイトを作った話のように、自分のやったことが残るような仕事を任されていて、とても魅力的だと感じました。全てのインターンで同じ体験ができるわけではないのかもしれませんが、学生でも挑戦の機会があることはインターンの大きなメリットだと思います。

次回は、メディアを立ち上げ大きくPVを伸ばす経験をした方のお話を紹介する予定です。
それではお楽しみにー!

Writing:Moeka Okada

他のインターン体験記もこちらからご覧いただけます↓↓

#Wantedly #長期インターン #インターン経験者インタビュー企画 #広報

27 Likes
27 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more