1
/
5

What we do

2020年6月にリリース『Agently』
フルリモートですがとても仲良しです!
TERASSでは、EtoE(end-to-end)で不動産売買領域のDXを行い、すべての不動産に関わる人を、エンパワーメントするテクノロジー企業です。 『家探しは、いいエージェントと探しから』をコンセプトに、人生で最大の取引をもっと良い体験にしていただくため、2020年6月に中古購入検討者とエージェントとのマッチング新サービス「Agently」(https://agently.terass.com)をリリースしました。 また世界でもっともエージェントの価値を引き出せるエージェントファームになるべく、優秀な個人エージェントを支援する「Terass Agent」を立ち上げました。 デジタル前提のサポートを構築し、エージェントサクセスを追求しています。現在は40名以上の優秀なエージェントが参画しており、圧倒的な顧客コミットと多様性のあるサービスを提供できる不動産プレイヤーへと、更なる成長を遂げています。

Why we do

CEOの江口(右)とCAOの井上(左)
エージェントとの交流会などを目的としたミートアップを、半年に1度開催しています!
【人生で最大の取引をもっとよい体験に】 住宅流通業界は、この情報化された現代社会においても驚くほど旧態依然としています。 メールアドレスをファックスで送れといまだに言われる。 ノルマが達成できなければ深夜ポスティングをしてこいと言われることもある労働環境。 自社の利益のためには顧客に、取引相手に嘘を付くことをいとわない商慣習。 家を売る、買う。人生で最大の取引の1つである住宅取引をよりよい体験にしたい。 TERASSはテクノロジーとデザインと、仕組みで解決していきます。

How we do

Terass Agent
Agently
不動産流通業界が周回遅れの業務を今だに行っているのには、様々な要因があります。 1つの不動産取引には複数の関係者(買主・売主・仲介・銀行…)が 携わり、複雑な業務が必要とされます。そのなかの一機能の効率化をしたとしても、不動産仲介のプロセス・働き方は10年後も変化することないでしょう。 TERASSは当事者として不動産仲介事業に関わることで、不動産仲介のあり方から変えようとしています。 ・買い手とエージェントを効率的にマッチングさせる「Agently」 ・革新的な働き方を提供するエージェントファーム「Terass Agent」 この2つのプロダクトをもって、より良い不動産取引を生み出すための取り組みを行っています。