1
/
5
This page is intended for users in U.K.. Go to the page for users in United States.

Web開発が好き、会社と共に成長しながら自由度を持ってサービスを展開。

様々な経験や悩みを乗り越えながら、自分はWeb開発が好きだと辿り着いた山口さん。現在は要件定義からリリースまでほぼ1人で対応し、入社1年も経たずに社内で欠かせない存在になっています。

今までの経験なども交えながら開発への思いやみんせつでの働き方など、山口さんのストーリーをお伝えします。

山口 翼

新卒1年目よりソフトウェアエンジニアとして就職。その後プロジェクトマネージャーなどを経てWeb開発のエンジニアとしてみんせつに入社。趣味はフットサルとサッカー!


一度エンジニアを離れるも改めて開発が好きなことを再認識

  • エンジニアになろうと思ったきっかけはなんですか?

Mark Zuckerberg (Facebookの共同創業者兼会長兼CEO)などが立ち上げたサービスによって人々の生活や行動を変容させたり、社会的な価値の変革を成し遂げて、世界にインパクトを与えている姿に憧れをもちました。自分もエンジニアとして社会貢献をしたいと思ったのが1番のきっかけです。

  • みんせつ入社前はどのような仕事をしていたのですか?

新卒1年目よりエンジニアとして就職しました。C言語を使って、半導体マスクの画像処理ソフトの開発をしていました。実際エンジニアとして働いてみると、面白いと思えず自分はエニジニアに向いてないと感じて潔く転職しました。それでもITが好きな気持ちは変わらなかったので、IT運用チームのプロジェクトマネージャーとして入社しました。グローバル企業だったので、海外のシステムの日本マーケットへの導入に向けて対応したり、複数のアプリケーションのオーナーとして、障害が発生した時に、海外のITチームに日本でのビジネス・インパクトを伝えて、障害を直してもらうということ(保守・運用)を実施していました。

そこでプロジェクトマネージャーとして実務をしているうちに、自分で手を動かしたいな・・・という気持ちが芽生えてきました。そこで、会社の手作業でやっている作業をPythonで自動化したり、Webサイト作成したりと、独学で少しずつ開発をするようになりました。知り合いのエンジニアに独学で培ったプログラムを認められて、副業として、WEBの開発を始めたのですが、これがとにかく楽しかったです。そこでやっと気づくことができました。自分はエンジニアが向いていないのではなくて、好きな物が開発できてなかっただけだとと気付きました。こんなにWeb開発が好きなら、本業もWeb開発ができる仕事に就きたいと思いみんせつに入社しました。



全ての経験を無駄にはしない、幅広い視野を持ってサービス構築へ

  • みんせつの入社の決め手はなんですか?

面接で中安社長がとにかく熱かったんです。(笑)でもすごく伝わってきました。今後どのように会社を大きくしていくのかというビジョンやミッションをしっかり伝えてくれたこと、そしてそれが自分でも想像できたのが決め手です。この会社に入れば、会社と一緒に自分も成長できると思えたのが大きかったですね。

  • 現在、取り組まれている仕事内容について具体的に教えてください。

まず簡単に言うと開発7割、プロジェクトマネージャーが3割です。開発は、要件をヒアリングして、リリースするまでを1人で実施しています。ビジネスサイドの要望をヒアリングして、どうやって作るかをメモ帳1ページ程度に書き起こして、実装開始。詳細設計など細々したものは実施してないですね。代わりに、開発しててわからなかったり、仕様の変更が必要な時は、ビジネスサイドと都度チャットやビデオ会議でフィードバックをもらいながら、スピード感を持って作り上げていきます。作り終わったら、ビジネスサイドにデモを見せて、最終確認をしてもらいます。OKが出たら他のエンジニアにコードレビューをしてもらった後にリリースします。プロジェクトマネージャーとしては、外注しているエンジニアへの指示出しや進捗管理ですね。現在は、オフショア開発なので、海外のエンジニアと英語でコミュニケーションをとりながら、開発を進めています。エンジニアだけではなくプロジェクトマネージャーの経験があったからこそ、広い視野を持って全体を統括しながらサービスを構築できている実感をもっています。


自分の意欲次第でどんどん成長できる環境がある

  • お仕事のやりがいはどのような所ですか?また、逆に難しいなと感じる所はありますか?

やりがいはなんと言ってもWeb開発ができることです。自分でロジックを考えて実装できることは楽しいです。自由度を持って開発に取り組んでいます。自由度と言っても、先人(スーパーエンジニア)が作り上げたソースコードをベースに、新しい技術を取り入れながらブラッシュアップしています。もちろんビジネスサイドのメンバーと相談をしながら要望をしっかり取り入れています。

好きな仕事なので、課題にぶつかっても積極的に調べて解決策を見つけているので、難しいと悩むことはないですが、ITは日々進化するので、新しい技術をコンスタントにインプットすることは日々努力しています。

  • みんせつに入って良かったと思う点はどこですか

要件定義からリリースまで幅広い開発に携わらせてもらえていることや、スーパーエンジニアたちが書いたソースコードを参考にしながら開発できることなど、学べる環境が整っている所です。成長できる環境が整っているので向上心を持って日々の業務に取り組むことができています。



ユーザーに喜んでもらえるサービス構築を

  • みんせつの働き方について教えて下さい。

完全フレックス・リモートワークで勤務をしています。個人の働き方を尊重してくれている所も魅力的だと思います。私は朝早い時間の方が難しい実装に取り組みやすいので、8時半から勤務開始しています。1日の流れとしては頭がすっきりしている午前中に重めの開発案件をこなしています。午後に開発を実装しつつ、他のエンジニアの進捗確認やタスク作成などを実施しています。

  • 今後の目標をお聞かせください。

みんせつは資本市場(機関投資家、証券会社、企業)をつなぐプラットフォームを提供しています。この資本市場で発生する業務をみんせつのシステム上で完結できるようにしたいと思っています。この業界についてさらなる知識を得ながら、そしてユーザーの声を大事にしながらサービスを作り上げていきたいと思います。

  • どんな人に入社してほしいですか?

僕と同じように開発が好きな人と一緒に働きたいなと思います。そして周りを巻き込みながらチームで開発できる人だと、より一緒に成長できるのではないかと思います。また、現在学生も募集しているのですが、経験が少なくても成長意欲のある学生は大歓迎です。会社と共に成長できる環境で一緒に成長できればと思います。

株式会社みんせつ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more