1
/
5
This page is intended for users in U.K.. Go to the page for users in United States.

What we do

数タップするだけで、スマホ画面を共有してリアルタイムで配信が可能。スマホゲームをコミュニケーションと一緒に楽しむユーザーが多数います。
アバター機能のエモモ
【主な事業概要】 ゲーム配信アプリ「Mirrativ」の運営  Mirrativが登場するまで、ゲーム配信は特別な機材を必要としていましたが、Mirrativはスマートフォン1台だけでゲーム配信ができることを実現しました。手軽さが好評を得て、ゲームのスキルに関係なく誰でも気軽に配信ができるプラットフォームへと成長をしました。2018年には、VTuberのようなアバターでライブ配信ができる機能「エモモ」も提供開始し、顔出しをせずとも自分の個性や感情を表現できるようになりました。 ◆【ゲームを通じて「居場所」を創る、新しいSNS】 ゲームやエンターテイメントは、出自や言語を超えて人と人をつなぐ強い力を持った媒介です。 「好きなゲームや興奮の瞬間をわかちあいたい」「趣味があう友だちがほしい」…etc、 人それぞれの「わかりあう願い」が、Mirrativでリアルタイムに配信を通じてつながり、居場所となっていきます。 アバター機能「エモモ」は居場所における身体となり、現実世界とは違う自分として、 新しいつながりは人から人へ、どんどんと広がっていきます。 だから、ミラティブは、常時接続の時代における「新しいSNS」だと私たちは捉えています。 ◆【多くのアクティブユーザーにより右肩上がりで成長中】 Mirrativは、アクティブユーザーに対し、配信者の比率が20%超と非常に高いです。 ※ 一般的な配信プラットフォームにおけるバイユーザー(配信者かつ視聴者である人)の比率は一般的に1%以下と言われています スマホスマホゲーム配信者数No.1(当社調べ)ですが、国内だけでも3000万人が存在すると言われるスマホゲーム市場で、これからも可能性を追求しています。 *株式会社ミラティブ 公式サイト https://www.mirrativ.co.jp/

Why we do

Mirrativ公式キャラクター(左:ブル太、右:ミラビット)
オフィスを渋谷から目黒に写し、採用も一層強化しています!
◆【人とつながる楽しさを届けたい】 10代のころから音楽鑑賞が趣味だった代表の赤川は、インターネットでの交流を通して、多くの人と音楽への想いを語り合っていました。この経験から、相手と心を通じ合える機会をもっと多くの人に届けたいと思うようになります。 その後、入社したDeNAでゲーム開発に携わったことから、ゲームを通して交流するコミュニケーション空間をつくろうと決意。社内スタートアップとして、Mirrativを立ち上げました。本格的に事業を進めるため、2018年2月に当社を設立しMirrativ事業をDeNAからMBOしました。 ◆【わかりあう瞬間をつなぐ】 「人と人とがわかりあう」ことは、簡単なことではありません。でもわかりあえたら、信頼できる仲間ができ、毎日の生活が豊かになっていくと当社は考えています。仲間が増えるその連鎖が、世界を少しずつ良い方向へ導いていくはずです。 信頼する仲間と一緒に楽しめる空間をつくりたい、だからサービスのコンセプトは「友達ん家でドラクエやっている感じ」。 ただゲームをするのではなく、ゲームを通じて友達とコミュニケーションできる空間を、当社はオンライン上で再現します。サービスを通してみんなの「わかりあう瞬間をつないでいく」ために、これからも素敵な居場所を提供していきます。

How we do

ときに厳しく、ときににぎやかに働いています。
2019年2月、Gunosy元CFOの伊藤(写真右)が新たにCFOとして参画しました。
◆【事業の魅力に惹かれて入社した社員多数】 元起業家、DeNAの新卒MVPエンジニア、上場規模のスタートアップ執行役員経験者などが参画、30万人超のtwitterフォロワーを持つ、コミュニティマネージャーも在籍しています。「ゲーム×コミュニティの可能性に魅力を感じた」「最強のメンバーと最高のビジョンにワクワクした」など、国籍を問わず当社の可能性にかけて入社したメンバーばかりです。 ◆【「コミュニティの会社」として一貫した社風・文化】 コミュニティの会社としての一貫した人への思想で会社を運営しています。経営とメンバー、そしてユーザーさんや顧客。それぞれと相互理解を深めていけるような文化や施策を設計しています。 毎週雇用形態や職種関係なく集まり、ユーザーさんからの要望や意見を聞く「ユーザーフィードバック会」はミラティブ設立当初から続く全体MTGの一つです。 メンバー同士では趣味の部活動で集まったり、毎週の3分プレゼンで相互理解を深めるなどコミュニケーションを取っています。また、月1回の全体会「プレミアムエモイデー」では、経営層から直接中長期の戦略を共有してもらう機会もあります。 ミッションや行動指針から一貫した、わかりあおうとし続ける文化づくりを意識しています。 ◆【最大限成果が出やすい環境を提供】 設立して1年ですが、他社に劣らず働きやすい環境を整えてきました。 ◎希望の開発環境を準備  →デュアルディスプレイに加え、作業用のPCはwin/macからスペックまで選択可能。 ◎フレックス制で自分の生活スタイルとのバランスを考えた働き方も可能 ◎2021年は原則フルリモート。リモート支援金も支給あり。