1
/
5

What we do

建築建材総合検索サイト「Arch-LOG」-今までの100時間が5分に-
Arch-LOGを使ってレンダリングした画像の例。建築物というのは、実際に完成するまではその姿を見ることができませんが、Arch-LOGを使用すれば、実在のメーカーの製品をそのまま設計データに割り当て、ワンクリックでリアルタイムレンダリングすることによって、実物とほとんど変わらない画像ができあがります。
Arch-LOG【今までの100時間=Arch-LOGの5分】 その中のひとつの事業である、Arch-LOG(アークログ:建築建材総合検索サイト)は、弊社の扱っている3DCGの視覚化要素技術とWEB/クラウド等の最新IT技術をかけ合わせた、最高峰の3DCGノウハウを有する弊社と「情報の可視化、共有化、資産化」を軸に建築/建設業界と深く関わって来た弊社だからこそ構築できた、ユニークかつ世界でオンリーワンのプラットフォームであり、既に日本のほぼ全てのスーパーゼネコン、大手設計事務所から嘱望を受けてこれから急速に拡大していくことになる事業となります。この事業は、既にBIMに特化した事業を行っている弊社の小会社、株式会社ログログと総合商社の丸紅株式会社が合弁で「丸紅アークログ」という新たな合弁会社を立ち上げ、主に丸紅アークログが営業などArch-LOG運営におけるフロント業務を行うことで日本におけるArch-LOGの普及を進めています。IT化があらゆる産業分野の中で狩猟の次に遅れているとされる建築/建設産業ですが、特に日本に於いては更に遅れています。ようやく日本においてもBIMソフト(主にAutodesk Revit と Graphisoft ArchiCAD というソフト)を使用し、設計・施工を行う試みが一般的になってきました。BIM(Building Information Modeling)とは今まで2次元で作成されていた設計図を最初から3次元かつデジタル化、情報化し、それを共有化しようという試みです。 日本で地盤を固め、今後は海外へ水平展開してゆく中で、本プラットフォームを建材ECサイトへ昇華させる事で、日本の建材メーカー様の海外市場への開拓、販売のお手伝いさせて頂くなど、そこから収集される膨大な知見を基に更なるビジネスの展開も視野に入れています。 3DCGコンテンツ制作分野 ボトル、時計、衣料品のようなプロダクトから、建築物、プラント、ランドスケープまで。あらゆる産業分野に向けて3DCGコンテンツそのもの及び、そこから派生する最高品質の視覚化ソリューション、各種静止画、動画を作成しています。 映像制作分野 「情報の可視化、共有化、資産化」の具体的な手段として「動画」は誰もが簡単に見ることができるという点と、必要に応じて演出された映像と音声により効率的かつ効果的に伝えることができるという意味で、非常に有効な手段のひとつとなります。クライアント企業の持つ課題に合わせカスタマイズされた映像制作コンサル、ディレクション、映像制作を行っております。例えば、プレゼンテーション用のアタックムービーとして、また、展示会用の説明用ムービーとして、必要の応じて実写撮影、プロのナレーターによるナレーション収録を含めた各種映像制作を行っております。3DCGを含まない映像制作も数多く行っておりますが、特に弊社では、上記の通り3DCG制作部門と連携し、実写撮影が難しいような案件において、3DCGを含めた映像制作を得意としております。特に建築/建設分野では、非常に短期にデザインを決め、プレゼンテーションまで持っていくことが求められますが、弊社では大規模プロジェクトデータのハンドリング、パイプライン構築に長けておりますので、デザインレベルの3DCGの構築、及び最終的なプレゼンテーション用の映像制作まで、短期で非常に高クオリティのプレゼンテーションムービーを数多く制作しています。 BIM分野 BIMは設計/建設分野以外の方には聞き慣れない言葉かもしれませんがこの分野では非常に重要なキーワードです。弊社では10年以上前から、弊社は「情報の可視化、共有化、資産化」を軸にしたBIMを先取るようなサービスを行ってきた経験を糧に、3次元設計を支えるBIM用のWebベースのプラットフォーム構築及び、そのBIMコンテンツ制作、コンサルティング、トレーニング業務を行っています。 マスカスタマイゼーション分野 Arch-LOGでも利用されている、弊社の取り扱う視覚化要素技術は建築/建設産業以外でも使用されています。 例えば、ボトルのパッケージデザイン、靴や服などのカスタムオーダメイドにより可能になるカラーバリエーション。 3DCGと、レンダリング要素技術を扱える弊社ならば、Web上でリアルタイムに実物にしか見えないような画像を瞬時にユーザーの選択に応じて生成することができます。このような、マスカスタマイゼーションにおける、弊社の技術を使用した運用は、ボトルの形状組み合わせ及びパッケージデザイン、時計、服飾、車両、建築デザインなど、様々な産業分野で既に広範に利用されています。

Why we do

「見える化」「共有化」で先を見通す価値を創り出します
建築/建設業界の様々な課題・問題点を解決するソリューション
「百聞は一見に如かず」とは良く言ったもので、「見る」という行為は情報の質の不足によるあらゆる思い込み、誤解、未知の事柄、或いは情報の伝達効率を飛躍的に上げる力があります。弊社はReality Server® や iray® と言った レンダリングの要素技術を扱うことのできる「システム開発部門」と「3DCGコンテンツ制作部門」を連携して効率的に動かすことができ、見えないものを圧倒的品質で「見える化」し、お客様の次のアクションに繋げる為の、付加価値の高い特別なサービスを提供しています。 弊社はその「可視化」をベースとしてお客様へこれまでに各種のオーダーメイドのサービスを行って来てたその経験から、情報の「見える化」というのは前述の通りあらゆる課題を瞬時に解決する力を持つことを確信してきました。その培った経験・技術をもとに、様々なお客様と共に課題を共有、分析する中で見えて来たソリューションとして、先ずは弊社とも関わりが深かった建築/建設産業分野を、そして世界へ新しい価値を提供しようとして、構築したプラットフォームが「Arch-LOG」(建築建材総合検索サイト)です。 建築/建設産業分野では、IT化の遅れによる非効率的な旧態然とした仕事環境、労働力・技術材不足、働き方改革への対応、3Kと言われているイメージの改善など、様々な問題に直面しており、日本ではその打開の一手となるBIMの活用が遅々として進んでいません。世界ではBIMの普及が進む中、日本は諸外国に比べて大きく出遅れているのが現状です。 建材の新しいプラットフォームとして既に国内で注目を集める Arch-LOG は、建材メーカーの垣根なく横断的に建材を検索でき、建材データの最新情報や廃盤の管理までを行い、建材データのスマートな運用を可能にします。また、建設に関わるあらゆるメーカーの製品をBIMオブジェクト化してArch-LOGに登録し、利用者である建設会社や設計事務所等が登録された建材製品を検索してBIM設計図にダウンロードすれば、リアルタイムに高精細でフォトリアルな3次元完成予想CGの制作も可能です。 Arch-LOGのもつこれらの機能、思想が建築/建設業界全体に行き渡れば、業界にイノベーションをもたらし、建材メーカーとArch-LOGの利用者である施主・設計事務所・建設会社がウィン・ウィンの関係を築くことの架け橋となり、BIM活用を介して建設業界の飛躍的な発展に寄与できることを確信しています。先ずは、丸紅アークログ株式会社と共に、Arch-LOGの「建設業界でのデファクトスタンダード化」をできるだけ短期間で成し遂げることが当社の使命であり、そのために必要なコンテンツ制作、システム開発を一手に担っていきます。 またArch-LOGはもちろんのこと、これまで同様、様々な産業分野へ向け「情報の可視化、共有化、資産化」をテーマとし、弊社の3DCG関連の知見を生かした各種サービスを提供し、お客様の課題解決、社会的課題の解決に寄与して行くことを当社の使命と考えています。

How we do

まだ、歴史・人数が多くはないので企業文化と呼べるほどのものはありません。 ただその分、会社代表との距離が近く裁量次第で働き方を選ぶことができますし、加わるあなたと一緒にこれから企業文化を築いて行きたいと考えています。 基本的な営利企業の一員としての行動指針を理解していれば、自分の裁量次第で働き方を選ぶことができます。 実際に弊社の3DCGエキスパートなどはその優れた実力を認められ、自宅でのリモートワークで仕事と子育てを両立させている人達もいます。 一般的に3DCG制作を請け負う会社は激務が多い印象ですが、弊社では基本的に完全週休2日で祭日も休みです。年間休日は110日以上になります。残業も繁忙期を除けば必要では無く、ワークライフバランスを保ちながら、仕事を行うことができます。その分、作業ワークフローの効率化、関連する技術分野に関する知識・技術を自ら進んで学ぶ人も多く、この分野における技術・知識習得に積極的な方にとっては非常に魅力的な環境だと思います。 最新のツール・技術でいいもの・社内効率化に寄与するものがあれば積極的に採用しています。 Luminova Japanにはオーストラリア支店があり、オーストラリア支店のメンバーと協力しながらプロジェクトを推進します。 特にArch-LOGは「世界をモデリングする」といっても過言ではないプラットフォームです。 世界中のリソースをうまく活用していくマネジメントも行っていく必要があり、世界を股にかけて活躍していくことも可能です。