1
/
5

ソーシャルライブ市場全体をデザインする。「Pococha」が仕掛ける“LMPS”とは何か

DeNAの次世代の主力事業の1つが『Pococha(ポコチャ)』(以下、『Pococha』)です。

『Pococha』は、「Live Link Life 〜今この瞬間をいつまでも〜」をコンセプトに、ライブ配信者(以下、ライバー)と視聴者(以下、リスナー)が一緒にライブ配信を盛り上げるライブコミュニケーションアプリ。熱く応援してくれるファンに出会い、ファンとのつながりを大切にしたアットホームなコミュニティ・プラットフォームとして、一般の方からモデル、歌手まで、さまざまな個性あふれるライバーたちが毎日配信しています。

2017年1月にサービスを開始以降、成長が加速しており、昨年の巣ごもり需要もあって、2020年末時点では累計220万ダウンロード以上。

このムーブメントをさらに押し上げるべく、2021年1月に「LMPS(Liver Management Production Studio)」と呼ばれる事業開発チームをローンチ。ソーシャルライブの周辺ドメインを開拓することで、ソーシャルライブドメインそのものを健全に・急速に発展させることをビジョンに掲げ、ライブ配信のトッププラットフォーマーへの道を踏み出し始めています。

この市場をどう盛り上げていくのか、『Pococha』の勝ち筋とは、そして急拡大するためにどのような人材を求めているのか――。LMPSチームに所属する2人に話を聞きました。

ゼロベースで市場をつくる、それにより世の中を変えるスケーラブルな仕事がしたい方、必見です。


目次 [隠す]

▼続きは『フルスイング』でご確認ください。

株式会社ディー・エヌ・エー's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings