1
/
5
This page is intended for users in U.K.. Go to the page for users in United States.

設立1年目、マネージャーが語る「個人のやりたいことによって変化する会社」とは?FULL-FILL株式会社【マネージャーインタビュー】

FULL-FILL株式会社は2018年11月に動画広告ネットワークを運営するアルファアーキテクト株式会社から、Web広告コンサルティング事業をスピンアウトして誕生。個々のやりたいことの尊重や社風など、良いところを継承しながらも、スタートアップならではの挑戦とスピード感をもって成長を続けています。
今回は、アルファアーキテクト設立時から事業立ち上げに携わっている、FULL-FILL株式会社マネージャーの五十嵐氏から、会社の魅力や自身の仕事への想いを語っていただきました!


ー動画広告ネットワークを運営するアルファアーキテクト社から昨年スピンアプトしたFULL-FILL社ですが、具体的な事業内容を教えてください。

Web広告のコンサルティングをはじめ、プロモーション設計から運用まで一貫して担っています。広告を出稿されるクライアント様に対して、最適な出稿方法をご提案し、数値を元に運用改善を繰り返します。


ー2018年に設立して1年経ちますが、会社の目指す方向性や注力したいところなどはありますか?

会社の目標としては、個人の成長を促していくっていうところがあるので、今入っているメンバーがどう成長したいかに合わせて会社のかたちを変えていきたい、と考えています。

アルファアーキテクトもそのようなかたちで、どんどん変化して今のかたちになったので、FULL-FILLも次入ってきた方々の想いに合わせて、変化しながら成長していくと思います。


ー個人の想いが会社のかたちになるのは素敵ですね。五十嵐さん自身は、どのように成長したいと考えていますか?

個人としては将来起業したり、一つのプロジェクトを自分の力で回せる人間になりたいと思っています。そこを前提に今、採用やチームメンバーのマネジメントをやらせてもらっています。自分のやりたいことを発信することで、チャンスを与えてもらっています。

ーFULL-FILL社の魅力はどんなところでしょうか?

上司や役員陣との距離が近いところですね。さんづけで社長とか会長とかも呼べますし、社長が意見が違うと思ったら違うと言える社風なので、本当にやりやすいと思います。

個人のやりたいことを尊重してもらえるので、例えば新規営業で挑戦したいクライアントがあれば、特に制限なくまずは自由にやらせてもらえますし、その上で上手く行かないときはアドバイスをもらって再挑戦することもできます。

自分で目標が決まっていたり、「こういうことやりたい」という強い意思を持っている人にとっては、成長しやすい環境だと思います。

また、働く環境に関しても比較的自由度は高めだと思います。

出社は11時と一般的な企業と比べると遅めで、営業チームは直行直帰の機会も多いです。目標に対して成果をしっかり出していれば、あまりそのあたりは厳しく決められていません。もちろん休暇も希望に応じてしっかり取れます。


ーFULL-FILLでは成果と報酬がかなり紐づいていると伺いましたが?

本人の希望に応じて、年に4回査定の機会を設けています。

成果を出している人に対しては、きちんとそれに見合った評価をし、報酬をお支払いするという考えがFULL-FILLにはあります。成果と報酬が紐づくことで、社員の数字に対する意識やモチベーションのアップに繋げられていると思います。

ー今後増える新しいメンバーは、どのような方に入社してほしいですか?

やはり自分の目標が、より明確に決まっていればいるほどいいですね。そこに対して、会社がどうサポートしていくかということを考えやすいので。「こういうことやりたいんですよね」と言葉にするのは簡単なんですけど、本当にそのために、ちょっと言い方あれですけど、身を削るというか、ほかの人よりも努力ができるような方に来て欲しいですね。どこの企業も欲しいでしょうけど(笑)。


ー五十嵐さん、ありがとうございました!


▼インタビュー第二弾は、五十嵐さんの入社経緯や仕事のやりがいをお伺いします!

FULL-FILL株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more